玲子塾 Q&A

 
カンタン解決!玲子塾
特設ページ
玲子塾SPECAL
Q
レイ先生への100の質問 ―(2019年2月16日 Q51~Q55更新)

質問Q51~Q55【インフルエンザにかからない】編

『不思議! 風邪を30年以上引いてない』


Q51 インフルエンザにならないために、毎日先生が行っていることは?
私はインフルエンザはもちろん、風邪にも30年以上かかっていません。冬はインフルエンザにならないためにデトックスエキスをいつもより多めに飲みます。いつもは5~8mlですが、1本10mlを必ず飲むようにしてます。また、デトックスエキスでのうがい(水に1~2滴入れてうがいするだけ)もおすすめですよ。


Q52 本当にそれだけですか?
あとはよく食べること。普段もよく食べていますが、風邪が流行っているときは"野菜も温野菜にして唐辛子などの香辛料を入れてたっぷり"食べるようにしてます。もちろん肉も魚も豆や牛乳などのタンパク質もたっぷり食べています。「食べているもので、人間はできてるし、免疫力も上がる」と思っているので、バランスよく、たくさん食べるようにしています。

 

☆レイ先生の食事風景はこちらをチェック!
田中玲子公式インスタグラム


Q53 乾燥がひどい冬。先生のスキンケア法を教えてください。

普段は全身にブリージングローションを2回塗りますが、この時期はヌーディーベールを使っています。その上からEC+フォースを薄く塗っています。一日中、乾きませんし、ベタつかないので、超乾燥する季節でも、しっとり潤っています。
顔は極上プラセンタの後にヌーディーベール、そしてECまたはEA+フォースを塗り、最後に冬はパーフェクトベールを薄く伸ばします。


Q54 これからは花粉症の季節。花粉症にならないために何をすべきですか?
まずは免疫力を正常にすること。デトックスエキス(乳酸菌生成エキス)を欠かさず飲んで、腸を整えておきます。これが最も大切。
後は、外から帰ってきた時には、まず、うがいと手洗いと顔までぬるま湯で洗います。こうして花粉を取り去ります。その後、乳酸菌生成エキス配合のヌーディーベールを塗布。デトックスエキスもすぐに摂ります。


Q55 花粉症時期のスキンケアのポイントを教えてください。
お化粧をしていたり、ぬるま湯で顔を洗えない人は、帰ってすぐのスキンローションでのコットンでのふき取りです。 コットンがひたひたになるぐらいスキンローションをたっぷり含ませ、やさしくふき取るだけ。皮膚の薄い目周りは"コットンで拭きとる"のではなく"ローションでなでる"イメージで! 肌にうるおいを残しながら、不要なものをすみやかに落とし、肌をクリアに整えるので、花粉症は軽減できます!




 


質問Q56~Q60 【秋は美白と保湿どっちも大事!】編

『一葉落ちて天下のレイを知る』


Q56 秋口のスキンケアはどうするべき?
まずは日焼けした肌を鎮静させること。
私のおすすめは「極上プラセンタ」+「EA⁺フォース」の2品を使います。
洗顔後すぐのまっさらな肌に極上プラセンタを素早くと塗布。浸み込むようにスーッと浸透していきます。また、プラセンタの細胞賦活作用でコラーゲンやエラスチンの合成を促し、シミ・シワ・たるみに確実に効果を発揮。
極上プラセンタのあとは、「EA +フォース」を入れ込みます。
EA+フォースには紫外線ダメージを修復し、シミを改善する効果があり、白く透き通る肌へ導きます。
日焼けを放っておくと、シワ、シミの原因になるので、時間との勝負です。 ※プラセンタの働きを知りたい方はこちらの玲子塾をチェック


Q57  秋の乾燥が気になります
秋は乾燥があっという間に進みます。
外出時には「ブライト ファンデーション」を使います。
ファンデーションと言うより実は色の付いた美容液という異名をもつほど保湿と美白の贅沢成分を配合。
これを薄く塗っているだけで、日中も肌は乾きません。


Q58 食欲の秋。食べるべき食材はありますか?

季節を問わず、なんでも食べるのがモットー。 特に秋に収穫される野菜や果物、木の実、魚などを美味しくいただきます。 でも、毎食前に、「デトックスエキス」は忘れません。 これを摂ることで善玉菌が増え腸内環境が整い、健康でいられます。

レイ先生の食事がわかる!?
レイ先生公式インスタグラムはこちら




Q59 食欲の秋、文化の秋……先生にとっては何の秋ですか?
仕事の秋。
私にとって、一年中仕事の季節ですが、
特に秋はイベントが多く、同じ仕事でも彩りがあってより楽しい!


Q60 秋の夜長にするべきことは?
私は仕事をしているため寝るのが午前様なので、秋の夜長を楽しむことができませんが、みなさんにやってほしいのは。お風呂でのスクワット。
お風呂でまずは5回×2セット(10回)を目標にしていいので、ゆっくりスクワットをしてみてください。
体のエンジン部分にあたるヒップから太ももの筋肉を鍛えると、エンジンがしっかりとしてきて、ダッシュや動きもよくなります。
つまり、車でいうなれば、ガソリンを沢山使うスポーツカーになれるってことです。
動かない時にも、普通の人よりカロリー消費しやすい体になるのです。食事制限もなく、燃焼しやすい、太りずらい体になります。
スクワットの方法はこちらの玲子塾をチェック