玲子塾 Q&A

 
カンタン解決!玲子塾
フェイシャル
乾燥
Q
冬から乾燥が続いて肌が荒れていますが、紫外線対策は必要でしょうか?(26歳 OL・2019年3月1日)
Answer
春先の乾燥肌を保湿してから紫外線対策をしましょう

3月からは紫外線がいきなり強くなるので、いつも以上に紫外線対策は必要。

冬から春先の乾燥によって、特に角質層の乾燥で角質細胞の配列が乱れて、角質層の水分が抜けると、紫外線が肌に入りやすくなります。

また、角質層が乱れると、花粉なども付着しやすく、肌荒れの原因にもなり、紫外線の影響を受けやすくなります。


3月は、まず乾燥した肌を整えて、紫外線や花粉対策をすることが大事です。
おすすめは
レイ アースリング ヌーディーベール

乳酸菌生成エキスの働きで肌の修復をし、セラミドによる長時間の保湿で肌を整えます。

その後、肌に負担のかからない日焼け止め
ホワイトべールUV

または、同じく肌に負担かけずファンデーションとしても使える
ブライトファンデーションUVをつけると完璧です。





文中で紹介した商品はこちら

ヌーディーベール

セラミド、乳酸菌生成エキス、月桃葉エキスなど、エイジングケアに効果的な成分を配合した化粧水を兼ねた美容液。肌本来を整えながら、乾燥によるダメージやシワにダイレクトに働きかけます。 肌のすみずみまで潤いが行き渡り、子供の時のようなプルプルの素肌感に。
 
ホワイトベールUV

UV効果のあるデイクリーム。ブライトファンデーションUVの下地としてお使いいただくと美白効果も倍増。 紫外線カット成分が肌に直接触れないようにマイクロカプセルに包み込んでいるので、肌に負担をかけずに日焼けを防ぎます。
 
ブライトファンデーションUV

日焼け止めとスキンケアを兼ね備えた、今までにない美容液ファンデーション。 SPF32・PA+++の日焼け止め成分もノンケミカルで、素材も植物から抽出した原料を使用しているから肌への負担がゼロ。 また、ヒアルロン酸やアルブチンなど美容成分がたっぷり配合されているので、塗るだけでうるおい、紫外線から肌を守りながら、美白へ近づきます。