「生わかめ」は、蕎麦をすするように食べる!?

いつも土曜日の夜8時30分から行っているインスタライブ。
先週も、新製品の「美点スリムジェル」を使ってフェイスラインの引き上げなどを披露しました。

そして、ライブの最後に、いただいた鳴門の「生わかめ」の美味しさを伝えるために食べることに。

まず、生わかめを袋から取り出して、たっぷりの水を入れたボールの中で塩抜きをし、さらに水を入れた容器に移して水洗いをし・・・
そのまま、わかめの原形のまま、お箸ですするようにいただきました!



すると、翌日、それを見ていたスタッフたちから、「まさか、あのまま食べるとは思いませんでした!思わず吹き出してしまいました!」、「さすが、先生!」と、褒められたのか呆れられたのか分かりませんが、ビックリされました。

撮影をしていた児玉君はビックリしなかったのか聞いてみると、「以前、先生がフランスに行って、海岸でわかめをかじっている写真を見たことがあったので、あまり驚かなかったです」と・・・

わかめも、包丁を使わずに、原形そのままで食べる(すする)のがおすすめ!?

おすすめ記事