悩み別スキンケアの使い方

肌の悩みは100人100通りです。 「乾燥しているけど、ニキビに」「毛穴とシミが気になる」といったように、複数の悩み抱えている人も少なくありません。 手入れ法も人それぞれですが、レイ・ビューティーが考えるスキンケアはとってもシンプル。 基本ケアに忠実に、そして、肌質や肌の悩みによって、プラスのケアを行えば、肌は内部から変わってゆくはずです。

基本ケア
肌質で選ぶ
肌悩みで選ぶ
基本ケア
乾燥肌

肌の対策には水分不足によるものと、脂分不足によるものがあります。
また、この2つが原因になる場合もあります。
肌を保護したり、保湿に必要な皮脂を取りすぎないことも大事になります。
まず、洗顔はぬるま湯だけでOK。顔を拭く際は、タオルでこすらず、やさしく押さえるように。
水分を補給し、逃さないようにすることを心がけて。

脂性肌
脂性だからといって、洗浄力の強い洗顔料を使うのはNG! 肌を傷め、老化のもとになります。
「脂は脂で溶かし込む」のが無理なくキレイに汚れや余分な皮脂を落とせる近道。
クレンジングと洗顔を丁寧に行うことがさっぱりさせるコツです。
インナードライ肌
肌表面は、乾燥が気にならないのに、肌の中が乾いてハリ感を失っている人は意外に多い。
まずは、浸透性のある水分をたっぷり補い、肌を深部から落ち着かせ、ふっくらさせる。
肌内部にうるおいが出ると透明感がでます。