【玲子塾】花粉の季節は一日中、肌がムズムズします。帰宅後、すぐに顔を洗っていますが、赤みやかゆみが治りません。

玲子塾 Q&A

その他
花粉症・大気汚染

Question
花粉の季節は一日中、肌がムズムズします。帰宅後、すぐに顔を洗っていますが、赤みやかゆみが治りません。(25歳 OL・2014年2月16日)

Answer
“コットンで拭くだけ”で肌表面の汚れを落としましょう

花粉、黄砂、PM25などが付着すると化粧崩れが早まるほか、
肌の炎症が起こるなど、肌のダメージが進んでしまいますので、帰宅後すぐに洗顔をするのがベスト。
ただし、一日何度も洗顔することも現実的に難しく、ちゃんとした洗顔はお風呂で行いたいですね。

そこでおすすめなのが、「レイ ブリージング スキンローション」です。
スキンローションはノンアルコールでとてもマイルド。肌にうるおいを残しながら、不要なものをすみやかに落とし、肌をクリアに整えます。

使い方はとっても簡単!
コットンがひたひたになるぐらいスキンローションをたっぷり含ませ、やさしくふき取ってください。特に皮膚の薄い目周りは"コットンで拭きとる"のではなく"ローションでなでる"イメージで。
肌表面の不要な汚れやアレルギー物質、油分を取り去り、乱れたpHバランスを整え、肌を清潔に保ちます。
また、スキンローションは乳酸菌生成エキスほか贅沢な植物エキスも配合していますので、拭き取り後、保湿を行なわなくてもOK!
メイクをしていない日は、拭き取るだけで一日の洗顔が終わります。
"コットンで拭くだけ"の簡単ケアを行えば、炎症の悩みは解消できます!

●「コットンで拭くだけ」1分ケア

①,② まず目の周りを、“ローションの水分で拭き取る”感覚でやさしくなでる
③,④ ほほは内側から外側へやさしくすべらせる

⑤ 額は中央から外側へなでるように拭く
⑥ 鼻は上から下へ
⑦ 小鼻は曲線にそって拭く

⑧,⑨,⑩ 最後に耳横、フェイスライン、首など凹凸のある部分を丁寧になでるように拭く

おすすめ記事