Rey Beauty Studio

【玲子塾】日焼けをしてしまったらどうすればいいの?

玲子塾 Q&A

フェイシャル
乾燥

Question
日焼けをしてしまったらどうすればいいの?(35歳 OL・2019年3月1日)
Answer
まずは鎮静が重要です。

日焼けは低温やけどした状態。まずは冷やして肌鎮静が必要です。
日差しを浴びたら、なるべく早いタイミングで肌を冷やし、ほてりを鎮静させましょう。
メークの上から冷やしてもOK。

冷やすことでメラニンの生成を抑えることができます。

ヒリヒリする場合は、日焼け当日はお風呂に入ることも控えましょう。また、ほてりがひどいときは、ブリージングローションをコットンやシートに含ませて3〜5分パック。

【3日間禁止事項】
・温めケアは禁物!
 肌が炎症を起こしているときに温めたり、圧をかけるケアは禁物。
 洗顔はぬるま湯もしくは水で。
・マッサージも3日間はお休みして。

3日後からはむしろマッサージを取り入れてましょう。
おすすめは耳下美点です。

血行が良くなり老廃物がしっかり流れ、肌に潤いも与えられるため、すっきり明るい美白肌に。
朝と夜、スキンケアのあと一緒にやってみましょう。

文中で紹介した商品はこちら


ブリージングローション
乳酸菌生成エキスがダメージ肌を修復。肌の深部から潤い、細胞のひとつひとつをふっくらハリのある肌に導きます。 3回重ね塗りするとこで、トラブルのない子供のようなプルプル肌を実感。 洗顔後できるだけ早く塗布すると効果的。


ヌーディーベール
セラミド、乳酸菌生成エキス、月桃葉エキスなど、エイジングケアに効果的な成分を配合した化粧水を兼ねた美容液。肌本来を整えながら、乾燥によるダメージやシワにダイレクトに働きかけます。 肌のすみずみまで潤いが行き渡り、子供の時のようなプルプルの素肌感に。


パーフェクトベール
夜付ければ、朝までハリと潤いが続くエイジングケアクリーム。 ヌーディーベールやプラセンタでたっぷりと潤いを与えた後にパーフェクトベールを顔全体に薄くのばすようにお使い下さい。 長時間べとつかず、潤いのある素肌を保ちます。