【玲子塾】あなたを悩ませる「乾燥」とは?

玲子塾 Q&A

フェイシャル
乾燥

Basic! あなたを悩ませる「乾燥」とは?

乾燥には、肌内部の水分不足のために起きる「インナードライ」と、表面の皮脂不足による「肌表面の乾燥」があります。
それぞれが単独で起きる場合と、同時に起きる場合がありますので、肌状態に合わせたスキンケア法が必要です。

■インナードライとは?
肌内部の水分は、加齢やストレス・不規則な生活などで低下してしまいます。
肌内部の水分量を増やすためには、普通の水分や化粧水を塗布しただけでは浸透せず、あまり効果もあがりません。
肌に浸透しやすいナノ粒子の化粧水などをつけることが肝心です。それも、2~3回の重ね塗りが効果的。
おすすめは、レイブリージング ローションによる3回の重ね塗りです。
1回塗って10~20秒後にローションが吸収してから2回目を塗り、再度10~20秒後に3回目を塗ります。
毎日の“ローション重ね塗り”で、肌の内部からふっくらプルプルになる肌を実感できます。
もっと簡単で手取り早く、効果を上げたい方は、ヌ―ディーベールをおすすめします。
まず顔全体に塗り、その後、気になるところにだけに重ね塗りをするだけで、ローションの3回塗りと同等の効果を実感できます。

■肌表面の乾燥とは?
大気の乾燥、気温の低下、体質、加齢などによって表面の皮脂は減っていきます。
そうなると、肌水分がどんどん蒸発してしまい、肌の乾燥が進みます。
肌内部の水分を逃がさず、肌を外部刺激から守るためにも、外側からフタをすることが肝心。
自分に合ったクリームや乳液などをたっぷりつけること。
軽度の乾燥肌にはレイ ブリージング セーラムを、ひどい乾燥肌には、レイ アースリング パーフェクトベールがおすすめです。
乾燥と同時に老化も気になるならば、レイ ブリージング リッチ+クリームを使いましょう。
また、皮脂膜を奪ってしまう洗顔は絶対にNG。石鹸類や熱いお湯は避けて、レイ ブリージング ミルククレンジングで優しく丁寧に汚れを溶かし、ぬるま湯で洗い流しましょう。
顔を拭く際にも、タオルでゴシゴシと拭かず、やさしく押し当てるようにしましょう!

おすすめ記事