Rey Beauty Studio

【玲子塾】冬が近づくと乾燥がひどく粉まで吹き、何をしても治りません。

玲子塾 Q&A

フェイシャル
乾燥

Question
冬が近づくと乾燥がひどく粉まで吹き、何をしても治りません。(46歳 主婦・2011年10月)

Answer
「潤いを逃さない対策と耳下美点が効果的」

空気の乾燥が増してくる秋から初冬にかけては、肌がまだ乾燥に慣れていない分、一年で一番乾燥や老化が進むと言われています。もっとも肌乾燥対策が必要な時です。

まずは、乾燥を進めてしまうようなことは避けるようにします。石けんや熱いお湯は、皮膚表面を覆って潤いを逃がさないようにしている皮脂を奪ってしまうので、できるだけ避け、その後タオルで拭く時も、こすらずに、優しく押さえるようにして、角質層を傷めないようにします。洗顔や入浴後は、できるだけ早く、潤いを与える化粧水など ブリージングローションヌーディーベール をつけるようにします。乾燥の激しい肌には2~3回重ね塗りがお勧めです。その後に保湿クリームなど パーフェクトベール も塗って潤いを閉じ込めることが大切です。

さらに、その上から耳下美点をプッシュすると大変効果的です。耳下美点は、顔の老廃物を取り去ってむくみや小顔に効果がありますが、同時に耳下線も刺激できるので、耳下線から出る老化防止ホルモンの分泌を活発化させます。このホルモンは肌に潤いを与え老化防止にもなると言われています。つばがジワッと出るのを実感しながら1日何度でも行うことをお勧めします。


【耳下美点の押し方】

耳下美点のポイントは、耳下のくぼみに中指を当てつばがジワッと出るくらい丁寧にじっくり押す。

慣れてきたら、あごの内側に人差し指、えらの上からは薬指をあて、気持ちいい強さで3秒程プッシュして下さい。これを8 回繰り返します。

指を置いたまま小さな円を描くようにモミモミするのも効果的。