【玲子塾】4月になると、肌がかゆくなったり赤みがでます。

玲子塾 Q&A

フェイシャル
肌トラブル

Question
4月になると、肌がかゆくなったり赤みがでます。(25歳 OL・2015年4月1日)

Answer
気温の上昇や花粉など外的刺激で、肌機能が落ちる時期です。

うるおいのある健やかな肌は、表皮内に10~20%程度の水分が保たれていると言われています。それは、表皮の一番外側に角層という細胞が積み重なった層があるからです。
角質細胞がレンガのように積み重なった角層は、うるおいを内部に閉じ込めるだけでなく、ほこりや乾燥など外からの刺激をバリアする働きもあります。
ところが、季節の変わり目は角層の機能が低下しがち。
肌機能が低下すると、ターンオーバーが乱れ、古い角質がスムーズにはがれ落ちることができず角質肥厚が起こります。
そこに、急激な温度変化や紫外線の上昇が加わると、肌はたちまち乾燥してしまうのです。
「ちょっと乾燥しているかな?」と感じたら、いつも以上にしっかりと保湿ケアをして角層の状態を整えてあげることが大切です。
そこで、 おすすめは「ブリージングローション」です。

【ブリージング ローションの塗布法】

1.外出から帰ったら、花粉やほこりなど肌に付着した汚れをすぐ落とす。
フォームを良く泡立てて、肌をこすらず、泡だけでやさしく洗うようにしてください。

※外出先では、スキンローションでふき取るだけの簡単洗顔がおすすめ。
メイク落としにも使え、保湿効果もあるので、肌の潤いが保てます。

2.ローションの重ね付け
朝と夕のスキンケア時に、3回の重ね付けをする。
(1回塗布したあと、30秒~1分程度置き、さらに塗布。これを3回繰り返す)

※コットンのローションパック
たっぷりローションを浸したコットンでパックをして5分程度置く。
尚、これ以上、コットンを肌に置くと、逆にコットンが肌の水分や油分を吸い取ってしまうので5分を限度に! もっと置きたい場合は、コットンにローションを足して水分たっぷりのコットンで行ってください。

※ローション後は、EC+フォースを塗布するとより保湿が保たれます。

おすすめ記事