Rey Beauty Studio

【玲子塾】夏はニキビが額にできます。よく見ると、毛穴の黒ずみも目立ちます。毛穴パックをしてもいい?

玲子塾 Q&A

フェイシャル
ニキビ

Question
夏はニキビが額にできます。よく見ると、毛穴の黒ずみも目立ちます。毛穴パックをしてもいい?(21歳 学生・2013年6月16日)

Answer
スキンケアのファーストステップ「洗顔」を大切に!

夏になると急増する汗や皮脂による肌トラブル。
毛穴の奥の汚れを取りたいといって、毛穴パックのようなもので剥がしたりすると逆効果!
この時期、大事なのは洗顔です。「顔なんて、洗えばいい」と思っている方は要注意。洗顔はターンオーバー(新陳代謝)に関わる大事なケアです。実は、洗顔ひとつで肌トラブルは驚くほどなくなります。

おすすめは「レイ ブリージング フォーム」。柔らかく弾力のある泡がうるおいを残したまま肌表面の皮脂や汚れをしっかり取り除きます。
また、みなさん、必要以上に顔をゴシゴシとこすっていませんか?
あまり力を入れてしまうと、毛穴が閉まり汚れが落ちずらくなったり、たるみやシワの原因にさえなってしまいます。
そこで、今回は正しい洗顔方法をお教えします。 洗顔後は乳酸菌生成エキスたっぷりの「ブリージング ローション」で顔全体をたっぷりうるおすと、乾燥やニキビ、紫外線による敏感肌の予防に!
夏の時期はローションパックをして、たっぷりうるおいを補給してください!

【洗顔方法】

①「ブリージング フォーム」をよく泡立てます。

②まずはTゾーンを念入りに
最初に皮脂の分泌が活発な、おでこ~鼻にかけてのTゾーンを洗います。
生え際や小鼻の周囲は皮脂とともに汗や汚れが溜まりやすいので、指の腹を使って、特にていねいに洗いましょう。

③次にUゾーンをやさしく
次に乾燥しやすい頬やあごなどを優しく洗います。
皮脂も少なく、乾燥しやすいので、Tゾーンのように皮脂をしっかり落とすというよりは、表面の汚れを取り除くようにすれば十分。

④すすぎは温度が重要
すすぎのお湯の温度は体温と同じくらいのぬるま湯が適温です。
熱すぎると皮脂を過剰に奪い、冷たすぎて毛穴が閉じて汚れがうまく取れません。
また、 石けんの成分が肌に残ると刺激になり、肌荒れの原因になるので、時間をかけてすすぎましょう。