Rey Beauty Studio

【玲子塾】夏は肌表面がベタベタしているのに、肌の奥は超乾燥状態に。どんな保湿をすればいい?

玲子塾 Q&A

フェイシャル
乾燥

Question
夏は肌表面がベタベタしているのに、肌の奥は超乾燥状態に。どんな保湿をすればいい?(2015年5月16日)

Answer
ローション×セーラムの簡単ケアで夏の保湿はベタつきなし!

日本の夏は湿度が高く、蒸し風呂状態。
なのに、紫外線やエアコンの影響で肌は乾燥に傾きます。また、皮脂も多く出る季節なので、普段ニキビができない人でも、ニキビに悩まされます。そこで皮脂を抑えながら、しっかり保湿するのに、肌表面はベタつかない夏のスキンケア方法をお教えします。

◇夏のスキンケア方法

STEP1
まずはレイ式スキンケアの基本ケア。
レイブリージング ローションを2~3回重ね付をしながらパッティングして水分を肌全体に行き渡らせます。
日焼けや肌が乾燥したときにはコットンパックがおすすめ!

STEP2
手のひらに10円玉大のブリージング セーラムを出し、顔から首まで指先でやさしくのばしたあと顔全体を両手でやさしく包み込むように軽く抑え、肌の内部へ浸透するように10秒程度プレスすると、ハンドマスク効果で成分がさらに浸透しやすくなります。

STEP3
乾燥が気になる時やくすみが気になる肌には、セーラムをたっぷり取って軽くマッサージ。
1~2分経つと肌の表面はサラサラ。でもしっかり肌の内側まで保湿されています。

シミや乾燥、たるみはもちろん、べたつきが苦手なお子さまや、お手入れの苦手な男性にはこれ1本でOK! バカンスのお供にも最適な1本です。