【玲子塾】あなたを悩ませる「太り気味」とは?

玲子塾 Q&A

ボディ
太り気味

Basic! あなたを悩ませる「太り気味」とは?

サロンに寄せられる悩みの中でも、もっとも質問の多い悩みのひとつ、太り気味。
太り気味というのは、個人の感覚の違いも影響されるので、かなりその範囲は広いです。
明らかに、「太り気味」を超えて、「太りすぎ」の方から、誰が見ても痩せているのに、本人だけが太っていると思っている人まで、いろいろです。

■ 太り気味の理由と改善法
太りすぎの人はやはり今までの食事量を減らす必要があります。
太りすぎたというのは、その人の摂取カロリーが消費カロリーをオーバーしているということです。 食事量を減らさずに消費カロリーを増やして痩せようというのは並大抵な努力ではありません。
脂肪を1kg減らすのに約7000キロカロリーも必要です。 まずは食事量を減らし、カロリーの高い揚げ物や洋菓子の量を半分にします。
例えば、アイスクリームやケーキなど洋菓子系のデザートが好きな人も、食べるのを週1回だけにする、というように、 決して禁止にせず、曜日などを決めて回数を減らすことが長続きの秘訣です。
そうして、摂取カロリーを減らし、代謝のいい身体を作っていきましょう。
代謝のいい身体作りにおすすめなのが「お風呂でスクワット」。
湯船で身体を温めてから、洗い場で足元に冷水シャワーを浴びながらスクワットします。 スクワット数は30回を3セット推奨していますが、最初は3回でも、10回でも、できる回数で構いません。
2ヶ月もすると、本当に太りづらい身体になります。より代謝アップさせるためにお風呂の中にタラソ入浴剤を入れると、効果が倍増します。
発汗したい人にはわかめソルトをおすすめします。
部分的に身体を引き締めるには、ボディ美点マッサージが効果的。
お風呂で、わかめソルトを使い、朝晩の手入れとしては美点スリムローションで締めたい部分をもみ出しましょう。

おすすめ記事